カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

庵治石とは

自然の恵み、伝統の技
四国本土最北端の町、香川県高松市庵治町(あじちょう)。
その庵治の丁場から生まれる庵治石(あじいし)はその昔、高松のお殿様御用達の石であり、古くは平安時代からその美しさを認められ、遠く京の都まで送り出されていたと言います。
そして、それと共に育ってきたのが、この硬い石を刻み・磨き・より美しく仕上げる庵治の石匠の技です。



庵治石の最大の特徴は、斑(ふ)と呼ばれる親指で押したような紋様が、石の表面に浮き出ること。
斑は石に立体感を生み出し、世界に類を見ない艶(つや)を石の表面に持たせます。

さらに庵治石は、結晶が小さく結合が緻密なために、他の花崗岩と比較して、硬度が高く粘りがあります。
そのため、細かな細工を施すには高度な技術が必要になりますが、その特徴こそが石材加工技術の発展を促しました。

また、庵治石の魅力と高度な加工技術に魅せられて、イサム・ノグチに代表される様に、多くの芸術家が産地に足跡を残しています。
世界を魅了する艶と技術


ななみ屋のこだわり
私ども“ななみ屋”は、より多くの方々に、庵治石の魅力をもっと身近に感じて頂きたいと願っています。

そこでまず、ななみ屋がこだわったのは、商品の小型・軽量化です。
石に対して、重い・大きいというマイナスイメージが一般的にありますが、女性でも持ち運びが可能な大きさ・重さに商品を仕上げることで、この負のイメージを払拭しようと試みました。

しかしその反面、「重厚感・高級感・伝統性」という石から受けるプラスのイメージは、しっかりと守ることを心掛けています。



そうやってななみ屋が、こだわり続けて生み出した商品のひとつに、「石のあかりシリーズ」があります。

より多くの方々に、庵治石の魅力を知って頂くために、“石材業界の枠から離れた世界でも使用できるものを”と考え、試行錯誤を繰り返した末に、庵治石とステンドグラスとの融合にたどり着きました。
石が主役なのではなく、あえて脇役になって他の素材を引き立てる。
そうすることにより、石の持つ可能性がさらに広がらないかと考えたのです。

世界的に有名な庵治石をあえて主役とせず、脇役にすることでステンドグラスの持つ魅力を最大限に引き出し、その力で石の持つ存在感を今までにない形で引き出してもらう。
主役でなければという固定観念を捨てたとき、新しい“庵治石のかたち”が生まれたのです。
石のあかり 〜ともしびの先の可能性〜

職人・滝内雄冶

職人・滝内雄冶


職人・滝内雄冶石彫職人として30年、日々流れゆく時を庵治石と向かい合い
「石と語らい」「石を感じ」「石に打ち込む」毎日を過ごしている。

正統派石彫職人として、仏を庵治石の中に見る目を養っています。

時には、観音様を、お大師さんを彫る傍ら京都北野天満宮に奉納される「撫で丑」を送りだしました。

鍛え抜かれた技術から生まれたお地蔵様「願掛けさん」、「落語地蔵」をお届けします。


庵治庵ブランド

庵治庵ロゴ

障がい者の自立支援、工賃アップの為に、「庵治」をキーワードに庵治町に住む人、庵治町に関わりのある人、障がい者の自立を応援する人達が、庵治石、庵治石の加工技術、障がい者を応援する気持ちを一つの「庵」に集めて、障がい者と一緒にモノづくりを進めて行くブランドです。

庵治石とコラボレーションして、障がい者の自立を応援したい気持ちをお持ちの方の参加をお待ちしています。

庵治庵ブランドロゴは、山と海、そして人、素材、技術が「庵」で結ばれている様子をモチーフにしています。

庵治庵ブランドの商品一覧へ >>

ページトップへ